こんな褒め方をすると男性に失礼、失言褒め言葉4つ

MENU

こんな褒め方をすると男性に失礼、失言褒め言葉4つ

 

合コンや婚活で楽しく男性と会話をする為には、男性のことを褒めると良いというノウハウがあります。
確かに何気に言ったことに感動されたり褒められたりすると嬉しくなりますよね。
しかし女性が褒める為に言ったつもりでも、男性にとってはそう受け取られない表現があるのです。

 

1.「まじめな人だよね」

 

まじめな男性というと、草食系で大人しいかつまらない人というイメージになりませんか。
言われた方は自分に魅力がないと思われていると勘違いしてしまいます。
まじめと言われるよりは「誠実な人」と言われた方がより温かみのある表現になります。

 

2.見た目に関する「かわいい」「キレイ」

 

男性の見た目に関して「かわいいところがあるね」「キレイな顔立ちですね」などは非常に気分を害す言葉となります。
女性なら喜んでしまうところですが、「かわいい」「キレイ」はそのまま女々しいことに繋がります。
男性はいつでも「カッコいい」と言われたいもの、見た目ではなく内面を褒めるように心掛けましょう。

 

3.「痩せてていいね」

 

男性にとって体格が貧弱なのはコンプレックスのひとつとなります。
女性にとってはどこまでも細くてスラリとした男性の体系は羨ましいばかりなのですが、当の男性には「か弱い」と思われているのではと取られ兼ねません。
「痩せてそうで意外と筋肉質だねー!」とただ痩せているだけではないことを強調しましょう。

 

4.「いい人だね」

 

いい人というのは一番第三者的な言葉です。
自分にとって興味の無い人を褒める時に使う言葉の代表ですよね。
漠然と「いい人」というのではなく、具体的にどこがいい人なのかまで捉えて褒めてあげるべきです。

 

終わりに

 

褒めることだけ考えて内容が伴っていない言葉はすぐにバレてしまいます。
きちんと目の前の男性を向きあって、その人の内面的に素敵な部分を褒めるようにしましょう。